メニュー 閉じる

問合せ 閉じる

【全国対応可能】オール電化・家庭用太陽光発電の導入は全部おまかせ!

家庭用蓄電池のことなら失敗しない機種選びからアフターまで「みらい電設」にお任せください!

みらい電設の家庭用蓄電池サービス

卒フィット・防災対策

家庭用蓄電池の導入は
「みらい電設」にご相談ください!!

他社との相見積り大歓迎!押し売り一切なし!
お気軽にお問い合わせください

家庭用蓄電池とは?

近年、ゲリラ豪雨とも呼ばれる集中的な大雨や地震、台風、豪雪など、これまでの気象観測史上において、その記録を上回る自然災害が全国各地で頻繁に発生しています。

これらの自然災害によってライフラインが遮断され、日常生活が困難になっている様子をニュースなどでよく目にします。

特に夏や冬場の季節での長期停電は、人の生命に危機をおよぼすほどの二次災害といえるでしょう。

このような理由から今、注目されているのが「家庭用蓄電池」です。

家庭用蓄電池とは?

家庭用蓄電池の導入メリット

01
家庭用蓄電池があれば停電期間も安心

家庭用蓄電池とは、最低限の日常生活に必要な電力を常に蓄えておくための「充電器」のことです。

ご家庭で使用する電化製品の出力や使用時間をもとに蓄電池の容量を選ぶことができ、もしも災害で停電に見舞われたとしても、家庭用蓄電池さえ備えていれば、日常生活に大きなストレスをかけずに、安心して電気の復旧を待つことができます。


                            家庭用蓄電池があれば停電期間も安心

02
太陽光発電との組合せでさらに快適に

一般的に家庭用蓄電池への充電は、電気料金が安い「深夜電力」でおこない、昼間に放電することで電気を使用しています。

通常の電気代よりも安く電気が買えるため経済的ですが、電力会社からの供給がストップしてしまうと既に蓄電された容量しか使用できない難点があります。

一方、太陽光発電システムがあるご家庭では、ソーラーパネルで発電した電気のうち、消費されずに余った電気を蓄電池に貯めることで、停電が起きたとしても昼夜を問わず、エンドレスで電気が使える状態となります。


                            太陽光発電との組合せでさらに快適に

03
FIT制度の期限が終了した太陽光発電は自家消費型の一択で

家庭用の太陽光発電において発電した電力を電力会社に売電する制度、いわゆるFIT制度(固定買取価格制度)の期限が終了した際の再利用方法として、家庭用蓄電池と併用した新たなシステム構築を選択するご家庭が増えています。

その理由は、家庭用の太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、電気の自給自足が可能となり、光熱費の家計負担がなくなるメリットと停電対策のメリットの2つのメリットが享受できることにあります。

FIT制度の期限が終了した太陽光発電は自家消費型の一択で

蓄電池の種類/負荷する範囲の違い

家庭用蓄電池は、家電の使用による電力負荷の範囲によって「特定不可タイプ」「全負荷タイプ」の2種類に分けられます。

1.特定不可タイプ

災害などで停電が起きてしまった際に、家庭用蓄電池からの電気の供給先を指定して使うタイプのことを「特定不可タイプ」といいます。

例えば、キッチンの冷蔵庫や一部の照明など、停電時の生活に必要最低限の電気を供給することにより長時間の停電に対応ができるため、非常用電源とする要素が色濃いタイプといえるでしょう。

2.全負荷タイプ

文字通りにすべての部屋に電気が供給されるタイプであり、停電時も平時と変わりなく生活ができます。

長時間の停電に備えるためには、電気の使用を節約するなどの工夫が必要ですが、太陽光発電と連動していれば、これまでの生活とほぼ変わらない生活を過ごすことができるでしょう。

小さな子どもや高齢者がいる家庭や、オール電化住宅などに適しているタイプです。

2.全負荷タイプ

スタッフ

家庭用蓄電池導入のご相談はみらい電設まで。
まずはお気軽にお問い合わせください!

みらい電設の
家庭用蓄電池が選ばれる理由

家庭用蓄電池の導入に関して、これまで多くのお客様からご相談や施工のご依頼をいただき、
すべてのお客さまから高い評価をいただいております。これほどまでに、お客様からのご支持がいただけるのも、
私たち「みらい電設」が大切にしている指針によるものと自負しております。

REASON01
お客様の利益を第一にする

家庭用蓄電池のご家庭へ導入することで大きなメリットが得られますが、本体や施工にかかる費用は決して安価ではありません。

私たち「みらい電設」は、お客様の家計の負担にならないよう、ご家庭で使用する電化製品の出力や使用頻度等をしっかりと検証し、費用対効果が高い商品をお勧めすることで、お客様が利益を確保できることを最優先に努めています。

お客様の利益を第一にする

REASON02
電気のプロによる技術と知識

私たち「みらい電設」は創業以来、すべての社員が国家資格を保有する電気設備のプロとして、一般住宅から大規模施設まで様々な建造物の電気工事に関する設計・施工および管理に携わっています。

豊富な実績で得た知識や知見をもとに最善を尽くして業務にあたっており、お客様に安心と安全をお届けします。

また、家庭用蓄電池に関する様々な申請業務もお客様の手を一切煩わせず、ご相談から運用開始までワンストップでお請けすることができます。

電気のプロによる技術と知識

REASON03
万全のアフターサービス

施工後のアフターサービスには社運をかけて力を注いでおります。

設置の環境によっては、蓄電池に大きな負荷がかかることも考えられます。

そのため、ご購入いただいた家庭用蓄電池が、常に問題なく運転するよう設置後の点検やメンテナンスを重視しています。

お客様の経済的メリットを最大限にひきだすために、また安心した毎日が過ごせるためにも、私たちは長期間にわたってお客様とお付き合いをさせていただいております。

万全のアフターサービス

家庭用蓄電池の選び方

ひとくちに家庭用蓄電池といえど種類やタイプが複雑すぎて、どれがご家庭に最適なのか正直、迷ってしまうことでしょう。価格の相場も1kWhあたり15万円から20数万円と決して安いものではないため、当然失敗できません。

家庭用蓄電池を選ぶ際には、ご家庭のライフスタイルや家族構成、年間の電気料金などを十分に考慮する必要があります。

そのため、カタログの情報だけに頼らず、家庭用蓄電池に詳しい専門家と一緒に機種選びをすることを強くおすすめします。

みらい電設では、家庭用蓄電池に特化した専門スタッフがご購入を検討しているお客様へのヒアリングを通して、最適な機種選びをお手伝いしております。どうぞお気軽にご相談ください。

家庭用蓄電池の選び方

家庭用蓄電池導入で利用できる補助金

家庭用蓄電池は高価な住宅設備です。

初期投資の負担を少しでも減らすために補助金制度の利用を推奨しています。

お客様が使用できる国、各地方自治体助成金を調査し、お手間がなく補助金が利用できるようサポートさせていただきます。

補助金の種類

1.国による補助金

平成31年度からはじまったVPP(バーチャルパワープラント)補助金が、令和3年にDER(分散型エネルギーリソース)と名称を変更し、家庭用蓄電池の本体費用と施工費を合計した額の1/3を補助金として交付しています。

令和3年度の補助金は予算満了となったため終了しましたが、今後も引き続き公募されることになっています。

2.地方自治体による補助金

多くの地方自治体が家庭用蓄電池の導入に対して補助金を交付しています。

申請期間や補助金額、交付条件などは各自治体によって異なります。

 

補助金を確実に交付まで導くには、申請時のスピードと正確さが鍵をにぎります。

国の補助金制度をはじめ、全国の地方自治体が公募する補助金の申請はみらい電設にお任せください。

スタッフ

家庭用蓄電池導入のご相談はみらい電設まで。
まずはお気軽にお問い合わせください!

家庭用蓄電池設置までの流れ

ご家庭に家庭用蓄電池が設置されて運用がはじまるまでの流れについて詳しく解説します。

STEP1
お客様からのお問い合わせ

家庭用蓄電池に関することなら価格やお支払い方法、補助金なども含めて何でもご遠慮なく、お気軽にご相談ください。

全国どの地域にも対応いたしております。

お客様からのお問い合わせ

STEP2
調査・設計・お見積り

ご家庭に最適な機種を選定させていただくため、お住まいの環境や蓄電池を導入する目的など、いくつかの項目についてヒアリングをさせていただきます。

可能であれば、年間を通して毎月の電気料金がわかるものをご用意ください。

ヒアリングの内容を踏まえて、最適の機種を選定しお見積り書を提示させていただきます。

調査・設計・お見積り

STEP3
ご契約および申請業務

提案した機種やお見積り内容にご承諾いただければ、ご契約をさせていただき運用までのスケジュールをご提示いたします。

併行して補助金の申請をおこないます。

ご契約および申請業務

STEP4
設置施工

国家資格を保有する経験豊富な職人によって施工いたします。安全対策はもちろん、近隣に配慮した施工を徹底しております。

工事は1日~2日で完了します。

工事完了後は動作点検や運転方法の説明をおこない、問題がなければ取扱説明書や保証書とともにお引渡しとなります。

設置施工

STEP5
アフターサービス

使い慣れない設備のため、初めはさまざまな疑問が生じますが、その都度にお問い合わせいただければ丁寧に対応させていただきます。

また、長い運用期間で常に高い費用対効果を得るために必要な保守点検やメンテナンスも迅速に対応させていただきます。

アフターサービス

よくあるご質問

Q

家庭用蓄電池の寿命はどれくらいですか?

A

使用している環境や機種によって異なりますが、おおむね15年から20年程度が寿命といわれています。ただし設置後の定期的な点検やメンテナンスで運転期間が伸びることが期待できます。

Q

蓄電池を購入する際に国や自治体からの補助金がありますか?

A

近年、国や自治体は家庭用蓄電池の購入に対して積極的に補助金を交付しています。

ただし、交付の条件や申請期間などは交付する機関によって異なります。また、公募されて間もなく予算満了になる傾向にあるため、早めの申し込みが必須となります。

Q

蓄電池の保証期間は何年ですか?

A

メーカーや機種によって異なりますが10年保証がもっとも多く、続いて15年保証があります。メーカーによっては有償の保証オプションも準備していますので、購入前に確認しておくとよいでしょう。

Q

蓄電池を単体で設置する方法と太陽光発電と組み合わせる方法、どちらがおすすめですか?

A

家庭用蓄電池を導入する目的や電気の使い方によって、おすすめの導入スタイルは異なってきます。

Q

太陽光発電と連動する場合に、ソーラーパネルやパワーコンディショナのメーカーとの相性がありますか?

A

家庭用蓄電池と太陽光発電機器との相性はありますし、同一メーカーでないと設置できない蓄電池もあります。詳しくはご検討の際にお問い合わせください。

PAGETOP