メニュー 閉じる

問合せ 閉じる

【全国対応可能】オール電化・家庭用太陽光発電の導入は全部おまかせ!

お家の屋根、余すことなくソーラーパネルを敷き詰めます 現在の電気使用量を基に、投資コストの最短回収を徹底的に検討します。

みらい電設の家庭用太陽光発電サービス

お家の屋根、余すことなくソーラーパネルを敷き詰めます

価格勝負に
自信があります!

ソーラーパネル設置イメージから経済シミュレーション
お見積りまでお客様が心からご納得いただけるよう、
お客様のメリットを最大限に考えたプランを提案させていただきます

家庭用太陽光発電の導入メリット

環境に優しい上に節電にも繋がるため、住宅用の太陽光発電の需要はもちろんありました。

そして近年では災害時にも電気が使えるとあって、今まで以上に需要が高まっているのです。

01
経済的なメリット(電気代削減効果)

家庭用太陽光発電 設備を設置することで、一番大きなメリットは「電気代削減」となります。

 

  1. ソーラーパネルで発電した電気を自宅で使用し、電力会社から購入する電気量を削減
  2. 1で余った電気を10年間特別な価格で買い取ってもらう「固定買取制度」

 

ソーラーパネルで発電した電力はまず、ご自宅の電気として自家消費されます。

使われずに余った電力が余剰電力として、電力会社に売電されることになります。

「自分で使う分は、自分の家で作る」

これにより、電力会社からの電力購入よりを減らすことが可能となり、長期に渡って電気料金の削減が可能となります。

経済的なメリット(電気代削減効果)

02
災害時のメリット

近年、台風の大型化、ゲリラ豪雨などの雨量の増加などにより、大規模な停電などの災害が発生することも珍しくありません。

そんなとき、太陽光発電設備がご自宅に備わっていれば、ソーラーパネルで発電している限り、ご自宅でも電気が使用できるようになります。

 

太陽光発電と蓄電池を併せて導入することで、冷蔵庫や、ちょっとした空調管理、停電すると困る場所なども、太陽光で発電しない夜間などの電気も補えるようになります。

さらには、エコキュートを同時に導入することで、お風呂やシャワーなど温水も利用できるようになります。

IHクッキングヒーターなどガスが利用できない環境でも、電気式の調理器具も導入することで、蓄電池容量によっては、「電力購入 ほぼゼロ生活」も可能になる可能性もあります。


                            災害時のメリット

03
環境へのメリット(C02排出ゼロ)

ご自宅に設置した太陽光発電設備で作られる電力は、当然ながらC02を排出せずに作られた電力です。

「電気を買わない、買う量を少なくする」ことで、電力の自給自足となり、温室効果ガス削減など環境配慮への貢献もできるすばらしいエネルギーだということもできます。


                            環境へのメリット(C02排出ゼロ)

みらい電設の
家庭用太陽光発電が選ばれる理由

今なお、たいへん多くのお客様から家庭用の太陽光発電システムの導入に関するご相談や施工のご依頼をいただき、
すべてのお客さまから高い評価をいただいております。これほどまでに、お客様からのご支持がいただけるのも、
私たち「みらい電設」が大切にしている指針によるものと自負しております。

REASON01
お客様の利益を第一にする

太陽光発電システムの価格は数年前に比べ随分と安価になりましたが、それでも高価なお買い物であることに違いはありません。

お客様の家計の負担にならないよう、これまでの電気の使用実績等をしっかりと検証し、費用対効果が高い商品をお勧めすることで、お客様が利益を確保できることを最優先に努めています。

お客様の利益を第一にする

REASON02
電気のプロによる技術と知識

私たち「みらい電設」は創業以来、すべての社員が国家資格を保有する電気設備のプロとして、一般住宅から大規模施設まで様々な建造物の電気工事に関する設計・施工および管理に携わっています。

豊富な実績で得た知識や知見をもとに最善を尽くして業務にあたっており、お客様に安心と安全をお届けします。

また、太陽光発電に関する様々な申請業務もお客様の手を一切煩わせず、ご相談から発電開始までワンストップでお請けすることができます。

電気のプロによる技術と知識

REASON03
万全のアフターサービス

施工後のアフターサービスには社運をかけて力を注いでおります。

ソーラーパネルは、多少タフな条件下であっても故障することはありませんが、最高のパォーマンスを常に発揮できるかどうかは設置後のメンテナンスに託されています。

お客様の経済的メリットを最大限にひきだすために、私たちは長期間にわたるお客様とのお付き合いを重要視しております。

万全のアフターサービス

スタッフ

家庭用太陽光発電導入のご相談はみらい電設まで。
まずはお気軽にお問い合わせください!

太陽光発電システムの仕組み(太陽光発電を導入するためには何が必要?)

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組みは簡単に説明することができます。
はじめに、太陽光に照らされたソーラーパネルが直流電流を作ります。ただし、直流電流のままでは家庭用の電源として使用できないため、ケーブルを通じて一旦パワーコンディショナと呼ばれる変換機に送られ交流電流へと変換されます。
パワーコンディショナで変換された交流電流は、用途に応じて電力メーターを経由して電力会社への売電、もしくはブレーカーに接続して家庭内で消費することになります。

また、昼間に発電した電力を夜間に使用したり、非常用電源として使用する場合は蓄電池に電力を蓄えたのちにブレーカーを経由して使用します。

太陽光発電システムの仕組み

ソーラーパネルが電力を作る仕組み

ソーラーパネルの本体(モジュール)は「セル」と呼ばれる太陽の光エネルギーを電気に変える変換素子(太陽電池)の集合体で構成されています。それぞれのセルに当たる光の強さによって連続して発電する仕組みになっており、1枚のソーラーパネルの中で複数のセルが直列で繋がり、プラスとマイナス極が出力される仕組みとなっています。

ソーラーパネルが電力を作る仕組み

ソーラーパネルの「変換効率」

太陽の光エネルギーをどれくらいの電力に変えられるか、そのパフォーマンス性のことを「変換効率」といい、各パネルメーカーでは変換効率の向上のための研究が進んでいます。

変換効率には「モジュール変換効率」と「セル変換効率」の2種類があり、現実的な発電量の指標には「モジュール変換効率」を参考にしてシミュレーションを導きます。

ソーラーパネルの「変換効率」

太陽光発電導入で利用できる補助金

太陽光発電導入で利用できる補助金

みらい電設では、お客様から太陽光発電の導入についてご相談をいただいた折には、お住まいの地域において利用できる補助金があるかどうかを徹底調査させていただいております。

当然、初期投資を少しでも抑えることができれば、費用の回収が早くなり導入メリットがより大きくなるため、積極的な申請を心がけております。

スタッフ

家庭用太陽光発電導入のご相談はみらい電設まで。
まずはお気軽にお問い合わせください!

家庭用太陽光発電設置までの流れ

ご家庭に太陽光発電が設置されて運用がはじまるまでの流れについて詳しく説明します。

STEP1
お客様からのお問い合わせ

ご自宅への太陽光発電の導入をご検討されはじめると、お客様の多くは疑問点や不安がたくさん出てきます。

住宅の築年数や屋根の方角、設置にかかる費用からお支払い方法など何でもご遠慮なく、お気軽にご相談ください。

全国どの地域にも対応いたしております。

お客様からのお問い合わせ

STEP2
調査・設計・お見積り

ご要望があれば、ご自宅の屋根の形状や面積、強度などに加え、発電した電力の用途に応じた状況について調査させていただきます。

可能であれば、年間を通して毎月の電気料金がわかるものをご用意ください。

調査の結果を踏まえ、ソーラーパネルの設置枚数を決定し、パネルの配置図や配線図面の設計をもとに、お見積り書を提示させていただきます。

その際、あらかじめご予算をお伺いできていれば、ご予算の範囲内でご提案させていただきます。

調査・設計・お見積り

STEP3
ご契約および申請業務

設置プランとお見積り内容にご承諾いただければ、ご契約をさせていただきます。

ご契約後は、スムーズに発電の運用が開始できるよう、電力会社やお住まいの地域の補助金の申請などを進めてまいります。

ご契約および申請業務

STEP4
設置施工

国家資格を保有する経験豊富な職人によって施工いたします。安全対策はもちろん、近隣に配慮した施工を徹底しております。

設置する屋根の高さや形状、天候によって異なりますが、段取り作業を含めおおむね3日程度で工事は完了します。

工事完了後は検査員が細部にわたって竣工検査を実施し、問題がなければ取扱説明書や保証書とともにお引渡しとなります。

設置施工

STEP5
アフターサービス

太陽光発電を運用しはじめた初期段階では、お客様が感じた疑問のお問い合わせを多くいただきますが、どんな内容にも真摯にお応えさせていただきます。

また、長い運用期間で常に高い費用対効果を得るために必要な保守点検やメンテナンスも迅速に対応させていただきます。

アフターサービス

よくあるご質問

Q

ソーラーパネルやパワーコンディショナの寿命は何年くらいですか?

A

一般的にはソーラーパネルの寿命は20年、パワーコンディショナは10年から15年と言われています。ただし、設置場所の環境や点検・メンテナンスの頻度によって寿命に差が出ることもあります。

Q

築年数が長く経過した家の屋根にも設置することができますか?

A

築年数の長さに関係なく、屋根材の劣化状態や家の梁や柱などの強度不足によっては、新調や補強が必要になる場合があります。事前調査をしたうえで設置が可能か判断をいたしております。

Q

梅雨の時期や冬季など、太陽光が少ない時期でも発電はするのですか?

A

日射量が多い季節に比べると発電量は低下しますが、ソーラーパネルは微かな太陽光でも発電するため、日没以外は発電する性能を有しています。積雪したパネルも融雪しはじめると発電が再開されます。

Q

ソーラーパネルは必ず「真南」に設置しないといけないのでしょうか?

A

最も高い発電パフォーマンスを得るためには「真南」が最適であるといわれています。ちなみに真南に設置した場合の発電量を100とした場合「東南」と「南西」は95.1「真東」と「真西」では82.8程度の差となり、さほど大きな差とはいえないほどです。

設置角度も気になるところです。パネルメーカーが推奨する設置角度は30°ですが、20°の場合でも30°の98%の発電量があるとされています。

PAGETOP